銀の談話室にて、深淵を覗む

しがない世界で牛丼屋

27歳、男性。
好きなもの、牛丼。
夢あり、名前なし。現在住所、異世界──。

料理人になりたいという夢を持ちつつも
それを実現できずにいた主人公は、
ひょんな出来事から異世界へと転生する。

なんとそこは『料理』という文化が失われた世界で……。

彼は大好きな牛丼を再び口に出来るのか。
異世界冒険料理譚、ここに開幕。

序章

一話「失われた世界、失われた牛丼」

二話「はじめての異世界料理」

三話「不朽の街に、刻は燃ゆる」

四話「心に刻む、その覚悟は」